春から初夏にかけて見るられるポピーの花言葉

テレビ、雑誌、インターネットなど、様々なところで花言葉を見かけます。

人によって好みがありますが、みなさんはどの花が好きですか?

ここでは、人気のある「ポピー」を紹介します。

日本では春から初夏にかれた見ることができます

日本にも様々なお花があり、そのひとつひとつに何かしらの意味があります。
花言葉に詳しい方の中には、すべての花の意味をご存知の方もいるかもしれません。

みなさんも好みのお花があると思いますが、「ポピー」も人気のあるお花として有名です。

ポピーは、日本では春から初夏にかけて見ることができる花であり、様々な花詞があります。
もともとはケシ科ケシ属に分類され、和名では雛芥子と呼ばれています。

ヨーロッパが原産地であり、4月~6月に開花の時期を迎えます。

また、種を蒔く時期は8月~9月であり、日当たりや水はけの良い場所を好むお花して知られています。

気になる色ですが、実際の色としては、赤、ピンク、黄色、オレンジ、白色など、カラーに富んでいます。

日本ではそのままポピーやひなげしと呼ばれることが多いですが、各国によって呼び方が異なりますので確認しておくといいでしょう。
このように日本ではひなげしと呼ばれていますが、これはひながとても可愛いので名付けられたと言われています。

ポピーの花言葉には様々な意味があります

日本ではひなげしと呼ばれるポピーですが、もともとは春の訪れを知らせる花でもあります。

様々な色彩の花を咲かすのが特徴であり、そのカラフルさに人気があります。
このようにバリエーションに富んでいますので、見るだけで癒される感じがします。

気になる花詞ですが、ポピーには、「思いやり」、「いたわり」、「陽気」、「優しい」、「恋の予感」、「想像力」など、様々な意味を持っています。

さらに、花のカラーよっても意味合いが変わってきます。

まず赤色です。赤色は、「感謝」、「喜び」など、相手を思いやったりいたわったりする意味があります。
黄色は、富や成功などの仕事関係、白色は、眠りや忘却などの日常生活に関係しています。

その他にも、無気力と言ったネガティブな意味で用いられることがあります。

このようにポピーには色んな意味がありますので、家族や友達などにプレゼントとして贈るのもいいと思います。