日本の代表的なお花「サクラ」について

日本の代表的なお花の中に桜がありますが、みなさなんは桜の花言葉をご存じでしょうか。

桜は多くの人たちから親しまれている人気のお花です。
ここでは、この桜につていて紹介します。

桜は日本の代表的なお花のひとつとして知られています

日本人なら桜を知らない人はいないはすです。
それだけ人気のあるお花として知られています。
毎年春先になると、満開に咲き誇った木の下でお花見をする人がたくさんいます。

テレビや新聞のニュースでも話題になるほど、人気の高いお花なのです。
日本の花、お花見と言えば、この桜をイメージする人も多いのではないでしょうか。

わずか1輪であっても、そりの美しさに感動を覚える人も少なくありません。

お花見の時期になると、最近は海外からも多くの観光客で賑わっているようです。

このように桜は日本の代表的なお花の1つとされていますので、国花のひとつと思っている人もいるようです。
しかし、現在のところ国花には指定されていません。

また、4月などの春先に咲きますので、新しいことの出発や門出などを祝うお花というイメージも持っています。

さらに、警察や自衛隊などの紋章や、お金のデザインなどにも採用されるなど、身近なとろでも良く見かけることが多いです。

日本人に人気のある桜の花言葉について

日本にはたくさんのお花がありますが、その中でも人気があるのが春先にピンクの花を咲かすサクラです。

この、桜の花言葉が気になる人も多いのではないでしょうか。
サクラの花詞ですが、花全般としては、「優美な女性」と「精神美」の2つの意味合いを持っています。

また、アメリカでは「優秀な教育」という意味があります。
これはアメリカの初代大統領、「ジョージ・ワシントン」に由来があります。

彼が小さい時、父親が大切に育てていたサクラの木を誤って切った際、そのことを正直に謝罪しました。

そこから、「優秀な教育」と呼ばれるようになったようです。

この桜には様々な種類があり、それぞれの花で意味が違ってきます。

ソメイヨシノは「純潔」、優れた美人、しだれ桜は「優美」、八重桜は「しとやか」、「豊富な教養」、やま桜は「純潔」、「美しい」、冬桜は「冷静」などです。

このようにそれぞれのサクラによって意味合いが異なりますので、一度確認しておくといいでしょう。