ポジティブな意味合いのあるお花

ポジティブ、ネガティブと、お花によってその意味合いが異なります。

しかし、花言葉を使用する際は、誰でも希望を持てる、ポジティブの意味があるお花の方がいいに決まっています。
ここでは希望を持てる、ポジティブなものを紹介します。

希望を持てる意味合いのあるお花について

みなさんは花言葉を使用したことがありますか?

お花の種類も多く、それぞれのお花によって意味が異なりますので、使用する際はその内容を把握しておく必要があります。

その中にはネガティブな意味合いを持つお花もありますので、まずは一度確認しておくといいでしょう。

さて、誰でも希望を持てる内容のお花がいいと思いますが、その中の1つが「カランコエ」です。

カランコエには、「幸福」、「小さい思い出」、「大らか、」「守る」など、希望を持てるようなポジティブな意味合いを持っています。

ちなみに、誕生花は2月25日と12月11日、英語では「人望」、「人気」の意味があります。

次に「コチョウラン」です。

コチョウランも「幸福がやって来る」、「純粋愛」など、ポジティブな意味を持っています。
プレゼントの贈り物としても最適ではないかと思います。
こちらの花の持ち期間は10~15日程度、誕生花は1月17日、英語では、「美」、「愛情」、「豪華さ」、「優雅」などの意味があります。

将来に期待を持てる意味合いを持つお花について

良い意味のある花言葉を持つお花を、誕生日のプレゼントに贈る人も多いのではないでしょうか。

お花の中には将来に期待を持てる、ポジティブな意味合いのあるものがたくさんありますので、その中から選択してみるのもいいでしょう。
その中には様々なものがありますが、その1つが「ルストロメリア」てす。

ルストロメリアには、「持続」、「未来に対する憧れ」、「エキゾチック」など、将来に期待を持てる意味があります。
ですので、贈り物用としても喜ばれます。

このお花の最盛期は5月、花持ち期間は5~14日程度、そして誕生花、2月18日、3月13日・25日、4月18日です。

なお、英語では「友情」、「献身愛」などの意味合いがあります。
また、「アルストロメリア」もオススメです。

アルストロメリアは「希望」、「前進」の意味を持っています。
花持ち期間は5~10日程度、誕生花は2月11日、8月1日、10月12日です。