ネガティブな意味合いのあるお花

それぞれの花によって花言葉は異なりますが、そのすべてがポジティブなものではありません。

その中には軽蔑など、ネガティブなものもありますので、まずは意味合いを確認しておくことが大切です。

警告や注意などの意味合いを持っているお花について

みなさんは花言葉の意味合いをきちんと把握していますか?

それぞれのお花によって持つ意味が異なりますので、使用する前にその意味をしっかり理解しておく必要があります。

すべての花がポジティブなものであれば問題ありませんが、ネガティブな意味合いがあるものを贈ると、相手から誤解されることがあるかもしれません。

ですので、まずは一度その意味を把握しておくことをオススメします。
ネガティブな意味を持つお花ですが、その1つが「カーネーション」です。

カーネーションと聞いて驚く人もいると思いますが、軽蔑という意味合いを持っていますので注意してください。

また、カーネーションにも様々なカラーがありますが、その中でも黄色のお花が軽蔑の意味を持っています。
ちなみにこのお花の最盛期は3~5月、花持ち期間は7~10日程度、また、誕生花は6月15日です。
そしてもう1つ、黄色のバラにも気を付けましょう。

黄色のバラには、「嫉妬」、「薄い愛情」などの意味を持っていますので、一度確認しておくといいでしょう。

ネガティブな意味合いを持っているお花について

花言葉にはネガティブなのものもありますので、使用する際は注意してください。

ネガティブな意味合いを持つお花としては、まずキクがあります。

その中でも黄色いキクには「破れた恋」という意味合いがありますので、こちらも使用する際は注意が必要です。

ちなみにキクの最盛期は5月、花持ち期間は7~14日程度、誕生花は11月3日です。
また、英語では「軽んじられた恋」という意味もあります。
そしてユリにも気を付けてください。

ユリにもカラーがありますが、その中でも赤やピンクには「虚栄心」という意味合いがあります。

また、ユリのオレンジにも「軽率」などの意味を持っています。

このようにあまり良い意味ではありませんので、利用用途によって使い分けることが大切です。

ちなみにユリの最盛期は6~7月、花持ち期間は7~10日程度、誕生花は7月24日です。
このようにネガティブな花言葉には注意してください。