花言葉の由来や起源、チューリップの意味について

花言葉と聞いて、みなさんが抱くイメージも様々です。

普段何気なく使っている方も多いと思いますが、その起源や由来などをご存知の方はどれくらいいるでしょうか。

まずは、その起源や由来などの理解からはじめてみませんか?

花言葉の起源を確認しておきましょう

何気なく使用している花言葉ですが、その起源には様々な説があるようです。

花言葉の起源を確認しておきましょう

詳しい方はご存知かもしれませんが、17世紀頃のトルコが発祥だとも言われています。

当時のトルコでは、恋人に何か贈り物をする時、言葉や文字の他に、花に特別な感情を託して贈る習慣もありました。

そしてその風習が次第にヨーロッパ全体に広まっていき、やがてそれぞれの国で使われるようになったのです。
このようにして、それぞれの国に合った言葉ができました。
また、その後どのようにして広まったのか興味がある人もいるでしょう。
そのはじまりは、1冊の本でした。

イギリスのイスタンブール大使夫人であった「メアリー・W・モンタギュー夫人」が、その当時トルコで流行っていた風習を文化として1冊の本にまとめました。

そしてそのまとめ本がヨーロッパ、アジア、アフリカなど、徐々に世界に広がっていくようになったのです。
私たちが普段使用している言葉は、以上のような歴史があります。

PR ダイエットサプリの基本を守る

トルコ、フランスから日本に伝わっていきます

前述のように、現在私たちが使用している花詞は、トルコからスタートしました。

トルコ、フランスから日本に伝わっていきます

そして、この言をヨーロッパで流行らせたのが、あるフランス人の女性でした。

当時フランスでは、人に対する思いや悪口、批判などを花に例えては話す文化が、上流階級の間で流行していました。

その後、シャルロット・ド・ラトゥールが「 Le Langage des Fleurs 」というエッセイ集を出版しますが、それが人気になり、一躍フランスで大ブームになりました。

このようにしてヨーロッパ全体に広がっていき、やがて日本にも伝わってくるようになったのです。

実際の言葉はそれぞれの国の歴史や風習、宗教的なことなど、様々な事項が関係していることもあり、同じ花でもその意味が異なることがあります。

日本で19世紀末な花詞が輸入されたと言われており、当時は輸入した言葉をそのままの意味で使用していました。
その後、日本の文化や風習、歴史などに合った言葉が作られていきます。

日本でも様々な意味で使用されていますが、以上のような由来があります。

PR 精力剤で精力を減退させない!

日本でも人気のチューリップの由来について

みなさんは普段、どのような花詞を使っていますか?

日本でも人気のチューリップの由来について

日本でも色んな花がありますが、ここでは人気のあるチューリップを紹介します。

チューリップはガーデニングなどでも人気がありますが、もともとは球根からスタートします。
この球根から、あのような可愛くてとても美しいチューリップに変わるのです。

花詞というのは、そのカラーによって意味が異なるのをご存知でしょうか?

チューリップも様々な色がありますが、「思いやりと博愛」が代表的な意味として使用されています。

実際はそのカラーによって異なる意味合いになり、ポジティブにものもあればネガティブな意味合いのものもあります。

ですので、プレゼントとして贈る場合は注意する必要があります。

間違っても、ネガティブな意味合いのカラー贈らないようにしてください。

ちなみにポジティブなものは赤の「愛の告白」や、ピンクの「真実の愛」です。

そしてネガティブなものは、黄色の「実らぬ恋」や、白の「失恋」です。

このようにチューリップには様々な意味がありますので、一度確認しておくといいでしょう。

初心者でも大丈夫な安心&信頼できるクレジットカード現金化サイトのご紹介